欧米化する日本人の食文化

AGAの原因の一つに、欧米化した食文化があります。
現在、日本人の食生活は欧米化しており、牛肉や豚肉等の肉類、そして牛乳やチーズ等の乳製品を摂取する機会が増えてきています。
これらの食材に共通しているのが、高カロリー、高脂質であるという事です。
カロリーが高く脂質が多い食生活は、血液をドロドロにしてしまう原因となります。
ドロドロになった血液は、流れにくくなり、血流が悪くなってしまいます。
髪が健康に育つ為には、頭皮までしっかりと栄養素が送られる事が欠かせません。
ですが、血液の流れが悪くなると、髪にとって必要な栄養素を摂取しても、頭皮まで送られる量は、僅かになり、髪が育ちにくい状態となってしまいます。
その為、AGAの原因となり、この状態を放置していると、抜け毛や薄毛を進行させてしまう原因にもなってしまいます。
ですから、薄毛や抜け毛を改善したいと考えたら、髪の成長に必要なたんぱく質やアミノ酸をしっかりと摂取すると同時に、血流を改善させる事も意識しておく事が大切です。
血流を改善しないまま、髪に良い成分を摂取しても、上手くその栄養素や成分を頭皮に届ける事は出来ません。
その為に有効な方法の一つが、欧米化した食生活を見直し、食事の脂質を減らすようにする事、可能であれば和食を中心とした食生活に切り替えていく事です。
それにより、血液の状態を改善し、頭皮までしっかりと栄養素を届けやすい状態を作る事が出来ます。
ただ、一時的に食生活を変えても、すぐには血液の状態は改善しない為、長期的に食生活を見直し、脂質を摂取し過ぎない生活を意識していく事が大切です。
それにより、AGAの症状を改善、そして予防しやすい状態を作っていく事が出来ます。