髪を成長させる栄養素とは

AGAは主に若い男性に現れる薄毛のことを指す言葉で「Androgenetic Alopecia」の略です。AGAは日本語では男性型脱毛症または若年性男性型脱毛症と呼ばれ一般の薄毛とは区別されています。これは男性の場合には一定の年齢になると髪の毛が薄くなるためです。そのため高齢者の自然な薄毛の場合にはAGAには含まれません。
AGAの治療では、発毛効果のあるミノキシジルなどの薬が処方されるのが一般的ですが、生活習慣や頭皮環境を改善することで薄毛の症状を解消することが可能といわれています。この改善のためには、まずは髪を成長させるのに必要な栄養素を摂取する必要があります。
髪の毛を作るのに必要な栄養素は「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」の3つと言われています。
タンパク質は、毛そのものがタンパク質で組成されているためです。タンパク質といえば、肉や魚、卵などがありますが、これら動物性のものは脂肪を合わせて摂取しやすく、これが血行不良は血液質の低下を招く可能性があります。もちろん適量を摂取するぶんには問題ありませんが、ついつい食べ過ぎる場合があります。このため、余分なものが取りにくい大豆や納豆などの植物性のタンパク質を摂取する方が髪の毛には良いといます。
またビタミンは、身体そのものを組成している細胞を代謝活動を活発にする働きがあります。また髪の毛が生えるさいの大敵となる皮脂分泌量のコントロールも行ってくれますし、血管拡張作用もあるので頭皮の環境を改善してくれます。これらは魚類に多く含まれています。また亜鉛はビタミン類の吸収効率を上げる作用があるので合わせて摂取するとより頭皮環境の改善につなげることができます。